髙塚 正勝
(元島民)

歯舞群島 水晶島えはぼまいぐんとう すいしょうとう秋味場あきあじば
昭和11年生まれ
 私の住んでいたところは、歯舞群島の水晶島です。
 島には終戦前177世帯があり、約1,000人ほどの日本人が住んでいました。
 島は風が強く植物などが中々育たない環境であり、主に高山系の植物しか育ちませんでした。気候はそれほど寒くはなく、気温は夏で25度、冬は寒い日でマイナス7度くらいで、雪はあまり多くありませんが、風は強いので良く吹きだまりが出来ていました。島に住んでいた人々は昆布、海苔などを採って生計を立てていました。昆布は採って砂浜で干し、製品などにしていました。秋になると川にサケが遡上し、当時は棒で叩いてサケを捕っていました。それくらい沢山のサケが遡上していました。春先になると富山県や新潟県から昆布採りの手伝いに出稼ぎ者が沢山来ておりましたが、出稼ぎ者の中で島に残り、独立して昆布の仕事をしている人がいて、島の世帯数が徐々に増えました。
 島には病院などはなく、また、官庁関係は、郵便局、警察、水産関係の試験場などの他にお寺が1箇所、学校は本校と分校がありました。
 魚は捕ったら乾燥するか、塩漬けにして保存し、冬期間の食糧として蓄えていました。お米は俵で根室より半年分位を一度に買っていました。また、電気は無かったのでランプの灯りで生活し、缶詰工場は発電機を使っていました。娯楽と言えば島を挙げての運動会で、皆ご馳走を持ち寄り参加していました。祭りも行われていました。野菜も作れましたが、トマトなどの実のなる野菜は出来ませんでしたが大根、白菜などの野菜は島でも作られていました。
 昭和20年9月3日、ソ連兵が水晶島を占拠し、兵隊が2人で銃を持って警備に入ってきました。言葉が分からないので何を話しているか分からない恐怖感があり、大変でした。私の家は軍の隊長の宿舎になったため、隣の空き家に引っ越しました。
 当時学生以外の働ける人は軍の命令で、父も志発島の缶詰工場に出稼ぎに行って、祖母と母の7人暮らしの生活が始まりました。終戦から強制送還までの2年間で一番困った事は食糧難でした。ソ連軍の小麦粉を配給して頂き、米の変わりにパンを食べて1年間くらい暮らしました。そこでの生活はこれといった戸惑いはなく、島の人達には悪い印象はなかった事と思います。9月下旬引き揚げ命令によって、水晶島から志発島へ移動し、家財道具も持たず着たきりで2ケ月滞在しました。10月下旬ソ連船に、各家庭ごとに縄網で乗せられ、網の目から足が出そうで、恐ろしい思いをしながら、船底に入れられました。どこに行くのか聞いたところ、樺太の真岡港でした。街の高台にある女子中学校が引き揚げ者の収容場所で、着いた時は街の中は雪で真っ白でした。収容場所では満足な食事も取れず、パンと牛乳が1日2回しか出ず栄養失調となり、風呂にも入れず、大変な思いをしました。11月下旬本国より迎えの船が来た時は、本当に安堵いたしました。今後は若い人たちに北方領土の返還運動を引き継いでもらいたいと思います。